海外FX口座では、ロシアのMetaQuotes Software社が開発した

「MT4(メタトレーダー)」というチャートソフトが

基本どの業者でも標準装備されており、

無料でダウンロードして使えます。

 

国内業者ではMT4を扱っていない業者が多いですが、

FX業界では標準的な取引プラットフォームで、

世界中で多くのトレーダーが利用しています。

 

国内FX口座を使っているけど、

チャートを見たり分析したりするのはMT4を使っている

というトレーダーも多いようです。

 

今までMT4/MT5を使ったことがない人や、

初心者でこれからFXを始めていこうという人は

ぜひ使い方をマスターすることをおすすめします。

 

ここではそんなMT4の魅力やおすすめポイントを紹介していきます。

 

MT4(メタトレーダー)を使うメリットとは?

国内のFX業者だと、会社ごとに取引ツールが違い、

使い方を習得するのもめんどくさかったりしますが、

海外FX業者ではどこもMT4は標準装備されているので

同じように使えてとても便利です。

 

・使いやすくカスタマイズも自由自在

MT4の最大の魅力は何と言っても使いやすさです。

 

動作も軽く、複数チャートを好きなように表示させたり、

注文などもストップやリミットラインがチャート上に表示され、

ドラッグするだけで注文変更できたりと非常に便利です。

 

チャート分析もしやすく、

様々な種類のラインなどが引けるのはもちろん、

最初から多くのインジケーターが装備されていて、

知名度のあるものはほとんど揃っています。

 

またMT4では、カスタムインジケーターといって、

独自のテクニカル指標が多く開発されており、

インターネット上で無料で配布されているので

それらを組み込んでカスタマイズしたりもでき

自由度も高いです。

 

・自動売買ソフト(EA)が動かせる

自動売買ソフト(EA)というのは、その名の通り

自動でFX取引を行ってくれるシステムです。

 

トレーダーが自分でテクニカルやファンダメンタル分析をしてトレードすることを

裁量トレードと言いますが、

やはり人間ですし、ミスしたり、欲をかいたりといった問題が

トレードには常になります。

 

しかしEAであらかじめプログラミングした手法でトレードすれば

初心者でもプロでも同じ条件で運用できますし、

チャートに張り付いていたりしなくてもよく、

感情に引きずられがちな人間の判断に依拠せず、

冷静に条件を満たした際に売買を実行して資産を増やせるということで

非常に人気があります。

 

自動売買ソフト(EA)の多くは

MT4プラットフォームで動くように設計されており、

無料、有料のものが世界中で公開、販売されていますので、

自分で良さそうなEAを探したり、

自分独自のオリジナル手法を開発して運用する

ということも可能です。

 

また、FXの取引手法を

バックテストを使って過去に遡って

実際に勝てるのかどうか、検証することもできます。

 

 

国内FX口座でもMT4に対応している業者もありますが、

そもそもEA運用を禁止していたり、

スキャルピングなどの短い取引の自動売買ソフトを使うと

口座を凍結されてしまったりすることもあり、

やはり自動売買で運用するなら海外FX口座の方がおすすめです。

 

・PAMM口座やミラードレード運用も可能

またEAの自動売買と似たようなサービスで、

海外FX口座では、PAMM口座やミラードレードなどの運用も可能です。

 

PAMM口座というのは、

PAMM(Percent Allocation Management Module)の略で

ユーザーのFX口座等を第三者(トレーダー)に委託し、

投資・運用をしてもらう手法のことで

マネージドアカウントとも呼ばれています。

 

このサービスを行っている業者では

業者がトレーダーを雇ったり契約したりしていて

各トレーダーのプロフィールや運用成績が公開されています。

 

もし気に入ったトレーダーがいたら、

そのトレーダーの口座と、

自分のFX口座を連動させて

その選んだトレーダーの取引がそのまま反映されるようにできるのです。

 

自分は実際取引をしなくてもよいですし、

口座も自分のものなので

資金をさらに入金したり出金したりすることも自由にできます。

 

ミラートレードも同じようなサービスです。

 

このようなサービスも日本国内でも一部似たようなものもありますが、

個人や法人でやろうとすると金融商品取引法違反になるため禁止されています。

 

これらのことを踏まえて、海外FX口座はMT4が使えて

自動売買(EA)取引やPAMM口座(マネージドアカウント)を

利用したい人にはとてもおすすめです。

 

 

オリジナルEA情報はこちら↓