海外FX初心者も安心!大手のXM口座開設は必須です!

ここでは、日本国内居住者の新規口座開設や取引を停止している海外FX業者を

まとめました。

 

日本人でも海外居住者だったら口座開設できるという業者が多いです。

日本国内居住者は使えないけどおすすめという海外FX口座も多いので、

海外居住の人はこちらも口座選びの候補になるかもしれません。

 

日本国内居住者が使えない海外FX業者

Pepperstone(ペッパーストーン)

PepperstoneはオーストラリアのFX業者で、

オーストラリア証券委員会のライセンスを得て運営しています。

金融庁による圧力によって日本居住者向けのサービスは終了し、

すでに口座を開設していて利用していた人も取引中止になりました。

自分も当時スキャルピング用のメイン口座にしていたので

結構ショックでした。

ただし、日本国外に住んでいれば日本人でも口座開設をすることが可能ですし、

もともと海外に居住していて登録をしていた方や、海外の法人名義で利用している方は利用することができます。

低スプレッドが魅力で、サポートも日本語ででき、日本円口座対応で日本国内銀行への入出金もできたので

とても評価が高い業者でした。

海外での口コミ評判も良いので、海外居住者ならおすすめです。

 

ThinkForex(シンクフォレックス)

こちらもオーストラリアの海外FX業者で、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)や

イギリスのFCAにより規制されている会社です。

ペッパーストーンと同様、狭いスプレッドが魅力でよかったのですが、

金融庁の圧力で日本居住者への新規口座開設受付や

既存の日本人トレーダーは締め出されてしまいました。

 

AXITRADER(アクシトレーダー)

こちらもオーストラリアの業者で、

ペッパーストーンやシンクフォレックスと同様

スプレッドが狭くて評判の良い海外FX口座です。

オーストラリア業者は日本の金融庁の圧力を受けやすいので

ここも同時期に日本からは撤退してしまいました。

 

これらと同様の低スプレッドの海外FX口座で

日本人も口座開設できる業者は

 

Titan FX

Tradeview Forex

AXIORY

LAND FX

などがおすすめなので、日本国内居住者の人は

ここから選ぶと良いです。

 

スキャルピングトレーダーには低スプレッドのTradeview Forexがおすすめ!

 

FXopenも低スプレッド!また、口座通貨はビットコイン建ても選択可能!

728x90-21.gif